2018年4月7日土曜更新.3,274記事.5,254,808文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

インフルエンザにNSAIDsは禁忌?

スポンサーリンク


インフルエンザとNSAIDs

インフルエンザで処方される解熱剤といえば、アセトアミノフェンが定番です。

日本小児科学会の見解としては、小児のインフルエンザに伴う発熱に対して解熱剤を使用するのであれば、アセトアミノフェンが適切であり、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の使用は慎重にすべきである、とのこと。
原則として、がまんできる人には解熱剤は投与しないこと、投与してもアセトアミノフェンの頓用だけにすべきであるとの見解もあります。

しかし、インフルエンザの患者にロキソプロフェン(ロキソニン)やイブプロフェン(ブルフェン、ユニプロン坐剤)などが処方されることもある。

インフルエンザに対し注意が必要な解熱鎮痛剤は、

①アスピリンなどのサリチル酸系
②ポンタールなどのメフェナム酸製剤
③ボルタレンなどのジクロフェナクナトリウム製剤

の3種類です。
しかし添付文書上禁忌というわけではなく、使用上の注意に書かれているレベル。
しかも、15歳未満の小児に対してのみの注意です。

バファリンの添付文書には以下のように書かれている。

サリチル酸系製剤の使用実態は我が国と異なるものの,米国においてサリチル酸系製剤とライ症候群との関連性を示す疫学調査報告があるので,本剤を15歳未満の水痘,インフルエンザの患者に投与しないことを原則とするが,やむを得ず投与する場合には,慎重に投与し,投与後の患者の状態を十分に観察すること.
[ライ症候群:小児において極めてまれに水痘,インフルエンザ等のウイルス性疾患の先行後,激しい嘔吐,意識障害,痙攣(急性脳浮腫)と肝臓ほか諸臓器の脂肪沈着,ミトコンドリア変形,AST(GOT)・ALT(GPT)・LDH・CK(CPK)の急激な上昇,高アンモニア血症,低プロトロンビン血症,低血糖等の症状が短期間に発現する高死亡率の病態である.]

ライ症候群が怖いから、という理由。
市販のバファリンAも同じ成分ですが、インフルエンザに関する記載はみられない。そもそも15歳未満には使ってはいけないからだ。

なので、大人のインフルエンザ患者にボルタレンを使うことも可能。

インフルエンザ患者に対するNSAIDsの使用に関しては、薬剤師によっても意見の分かれるところ。
ロキソニンやブルフェンもダメ、という意見の人もいる。

絶対NGという意見の人は、インフル検査陰性でも、家族内にインフルエンザ患者がいればPL顆粒の処方はタブーということになる。

正直、頭痛がメインの患者さんであれば、イブくらい使ってもいいかなというのが個人的な意見。
でも、ボルタレンに関しては、私自身が高熱時に使って寒気と痙攣に襲われたことがあるので、解熱作用が強すぎると感じた。
インフルエンザウイルスは熱でやっつけるので、あまり熱を下げすぎる薬はおすすめはしない。アセトアミノフェンがベストであるという意見に異論はない。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ