2018年8月20日更新.3,306記事.5,465,881文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

口内炎にテラ・コートリル軟膏?

スポンサーリンク


口内炎の薬

なにげに添付文書を見ていたら、テラ・コートリル軟膏に口腔内の用法が書かれていて、ちょっと驚いた。

テラ・コートリル軟膏の用法は、

通常、1日1~数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。
口腔内疾患には毎日又は隔日に少量宛患部に注入又は塗擦する。
なお、症状により適宜増減する。

テラ・コートリル軟膏を口腔内に処方するのを見たことがない。私だけ?

口内炎の適応を持つ薬でよく処方される薬といえば、

アフタゾロン口腔用軟膏(デキサメタゾン)
アフタッチ口腔用貼付剤(トリアムシノロンアセトニド)
ケナログ口腔用軟膏(トリアムシノロンアセトニド)→2018年6月で販売中止、2019年3月末まで経過措置予定
デキサルチン口腔用軟膏(デキサメタゾン)
デスパコーワ口腔用クリーム(クロルヘキシジン塩酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、ベンザルコニウム塩化物)

このあたりの薬が多い。
主にステロイド含有薬である。

抗炎症作用によって、口内炎を改善させる。

ステロイドで炎症を抑えたとしても、免疫抑制作用により口腔内に細菌が増殖しやすい環境を作ってしまう要因にもなり得るので、抗菌剤も含有していたほうが良いという考えもある。
そういう考えに適した口内炎用薬がテラ・コートリル軟膏。

しかし、市販のテラ・コートリル軟膏には口内炎の適応は無いので、使わないように。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料