2017年12月24日日曜更新.3,290記事.5,379,679文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

調剤用パンビタン末は調剤専用?

スポンサーリンク


調剤用の薬

薬品名に「調剤用」とくっついている薬がある。
調剤用パンビタン末とか、アスベリンシロップ調剤用とか。
生薬とか漢方薬にも調剤用と付いている薬がある。

この「調剤用」って何だろう。

調剤にしか使えないのか?

医薬品名効能効果
調剤用 パンビタン末本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給
(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)
アスベリンシロップ「調剤用」2%下記疾患に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難
感冒、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺炎、肺結核、気管支拡張症
日本薬局方 ブシ末(調剤用)「ツムラ」漢方処方の調剤に用いる。
ツムラの生薬コウジン末(調剤用)漢方処方の調剤に用いる。
オースギ四苓湯細粒(調剤用)のどが渇いて水を飲んでも尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:暑気あたり、急性胃腸炎、むくみ

調剤用パンビタン末もアスベリンシロップ調剤用も普通に病名の効能効果が書かれている。
生薬は調剤用にしか効能効果が無いが、漢方薬は(調剤用)とついていても普通に病名の効能効果が書かれている。

JPSの漢方薬には(調剤用)と付いている。
ツムラ、ジュンコウ、マツウラの漢方薬には(医療用)と書かれている。
マツウラの生薬には(調剤用)と書かれていたり、(医療用)と書かれていたり。

オースギの漢方薬では、オースギ四苓湯細粒(調剤用)にしか(調剤用)と付いていない。
オースギ四苓湯細粒の用法用量には以下のように書かれている。

成人1回1.0g、15歳未満7歳以上1回成人の2/3量、7歳未満4歳以上1回成人の1/2量、4歳未満2歳以上1回成人の1/3量、2歳未満1回成人の1/4量、いずれも1日3回食前または食間に水または白湯にて経口投与する。

漢方薬でこのような小児薬用量が書かれているものを見たことが無い。
しかも、小児への適応を持ちながら、「小児等に対する安全性は確立していない。[使用経験が少ない]」と書かれているし。
もしかしたら、包装からバラして調剤できるものが(調剤用)?と思ったが、他の漢方薬にもバラ包装はある。

結局(調剤用)の意味と縛りについては、よくわかりませんが、なにか昔の名残りなのであろう。

スポンサーリンク

コメント

  1. アスベリンシロップだと0.5%と2%があるんですが、2%の方は他剤と混和「調剤」することを目的としたために「調剤用」なんです。昔、医薬品名に規格が付いてなく「アスベリンシロップ」「アスベリンシロップ「調剤用」」だった頃の名残ですね。
    漢方・生薬は色々推測できるところがありますが(薬価収載時の事情)くわしくはしらず。
    パンビタンは本当に謎(同先発品にビタプレックスとハチビタンがあった)です。

    匿名:2018/1/10

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料