更新日:2017年11月26日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スプレーから泡状スプレーへの変更調剤は可能か?


スポンサーリンク

スプレーと泡状スプレー

ヒルドイドの製品レパートリーには、ソフト軟膏、ゲル、クリーム、ローションの4つがあります。

ヒルドイドのジェネリックには、この4種に加え、スプレー、泡状スプレーというものがあります。
ソフト軟膏、クリーム、ローションの薬価は23.7円/gですが、ゲルのみ売れないからなのか13.6円/gという割安価格になっております。

ヒルドイドにはジェネリックもありますが、それらの薬価(最安値)を比較してみると、
ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「ニットー」:6.3円/g
ヘパリン類似物質クリーム0.3%「ラクール」:6.3円/g
ヘパリン類似物質ゲル0.3%「アメル」:6.4円/g
ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニットー」:6.3円/g
ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニットー」:16.5円/g
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」:16.5円/g

スプレーと泡状スプレーは高めの薬価になっています。
ジェネリックもこんな剤形の薬作るところは、ヒルドイドの美容目的使用に乗っかっている感がハンパないです。マルホ的には止めてくれという感じでしょうか。
先発のヒルドイドが泡状スプレー作って、「ヒルドイドフォーム」とかで販売したら、美容目的批判が加速しそうです。

ジェネリックの外用薬の剤形変更は認められていません。
内服薬については錠からOD錠とか、カプセルとかへの変更は、患者の意向を確認し薬剤師の判断で変更可能ですが、外用剤については軟膏からクリームへの変更などは認められていません。

ヘパリン類似物質外用スプレーからヘパリン類似物質外用泡状スプレーへの変更調剤

剤形が異なれば一般名コードも異なる。
例えば、【般】クロベタゾン酪酸エステル軟膏0.0 5%の一般名コードは、 2646722M1ZZZ。
【般】クロベタゾン酪酸エステルクリーム 0.05%の一般名コードは、 2646722N1ZZZ。

ヘパリン類似物質については、
【般】ヘパリン類似物質軟膏0.3%:3339950M1ZZZ
【般】ヘパリン類似物質クリーム0.3% : 3339950N1ZZZ
【般】ヘパリン類似物質外用液0.3% : 3339950Q1ZZZ
【般】ヘパリン類似物質スプレー0.3% :3339950R1ZZZ
【般】ヘパリン類似物質ゲル0.3% :2649950M1ZZZ

スプレーにしても、中身はローションと同じなので、ローション→スプレーは可能かと思いましたが、一般名コード的には異なる。
ヒルドイドローション(乳液タイプ)→ビーソフテンローション(化粧水タイプ)や、
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」 →ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日医工」については、
一般名コードは同じで、ルール上区別がつかず、禁止する規定もないので、疑義照会無しで変更可能ではありますが、使用感が異なるため、念のため医師への疑義照会による確認、患者への確認が必要と思われる。

ちなみに、温感パップと非温感パップについては、
【般】ロキソプロフェンNaテープ50mg (7×10cm非温感): 2649735SAZZZ
【般】ロキソプロフェンNaテープ100m g(10×14cm非温): 2649735SBZZZ
【般】ロキソプロフェンNaテープ50mg (7×10cm温感):2649735SCZZZ
【般】ロキソプロフェンNaテープ100m g(10×14cm温感):2649735SDZZZ
と、一般名コードが異なる。普通サイズとLサイズも一般名コードが異なる。

これは例外コードなるものによる区分で、厚労省のHPには以下のようにある。

薬価基準収載医薬品コードの上9桁に続き、3桁「ZZZ」を付記し、12桁としています。ただし、上9桁で適切な区分が行えない成分・規格については、9桁目をアルファベットとして区別し、例外コード品目対照表を添付しています。

平成29年6月16日適用となっているので、今年から変わったようだ。

そのうち、スプレーと泡状スプレーにも例外コードで区別されるかも知れない。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ