更新日:2017年11月15日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

1年に1回の骨粗鬆症治療薬?


スポンサーリンク

骨粗鬆症治療薬

骨粗鬆症治療薬は現在様々な種類の薬があり、1週間に1回、1か月に1回、半年に1回、さらには1年に1回の投与で良いものまで、多彩なラインナップがそろっている。

患者さんの中には、院内で骨粗鬆症の薬を使っている人も多く、「1年に1回で良い薬を使っている」「半年に1回で良い薬を使っている」などの話を聞くが、薬品名まで知らないという患者も多い。
院内で投与される骨粗鬆症の薬も把握しておきたい。

■1日に1回の薬:アクトネル錠2.5mg、ベネット錠2.5mg、フォサマック錠5、ボナロン錠5mg、ボノテオ錠1mg、リカルボン錠1mg、エビスタ錠60mg、ビビアント錠20mg、フォルテオ皮下注キット600μg
■1週間に1回の薬:アクトネル錠17.5mg、ベネット錠17.5mg、フォサマック錠35mg、ボナロン錠35mg、ボナロン経口ゼリー35mg、テリボン皮下注用56.5μg
■4週間に1回の薬:ボナロン点滴静注バッグ900μg、ボノテオ錠50mg、リカルボン錠50mg
■1か月に1回の薬:アクトネル錠75mg、ベネット錠75mg、ボンビバ錠100mg、ボンビバ静注1mgシリンジ
■6か月に1回の薬:プラリア皮下注60mgシリンジ
■1年に1回の薬:リクラスト点滴静注液5mg

ビスホスホネート系:アクトネル/ベネット、フォサマック/ボナロン、ボノテオ/リカルボン、ボンビバ、リクラスト
SERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター):エビスタ、ビビアント
抗RANKLモノクローナル抗体製剤:プラリア
副甲状腺ホルモン製剤:フォルテオ、テリボン

これで、「1年に1回の骨粗鬆症の薬を使っている」と聞いたら、薬歴に「リクラスト」
「半年に1回の骨粗鬆症の薬を使っている」と聞いたら、薬歴に「プラリア」
と書けますね。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク