更新日:2017年11月14日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

デスパコーワでアナフィラキシー?


スポンサーリンク

グルコン酸クロルヘキシジン

口内炎に使われる「デスパコーワ口腔用クリーム」の禁忌の項目が追加された。

本剤の成分又はクロルヘキシジン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者

厚生労働省は10月17日、殺菌消毒や口内炎・歯周炎治療に用いるクロルヘキシジン含有製剤2成分の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「アナフィラキシー」の追記などを求める改訂指示を出した
クロルヘキシジングルコン酸塩 又はクロルヘキシジン塩酸塩含有製剤(医療用医薬品) の「使用上の注意」の改訂について

「クロルヘキシジングルコン酸塩については、昭和60年及び平成4年の再評価により、ショックの発現リスクのため粘膜面への使用が禁止された。」

消毒目的で使われる製品については、「膣、膀胱、口腔等の粘膜面」への使用は禁忌となっている。
しかし、口内炎に使われるデスパコーワは口腔粘膜に禁忌になってしまっては使えない。
口内炎に使うデスパコーワの量程度でショック状態に陥ることは考えにくいが、ピーナッツアレルギーの患者がピーナッツを食べた恋人とキスをしただけでショック死した話もあるので、アナフィラキシーに量は関係ない。
子供に使われる可能性もあるし。
ちなみにデスパコーワの「小児等への注意」には、以下のように書かれている。

長期連用により発育障害を来すおそれがある。

それは無いだろう。と思う。けど、デスパコーワを長期連用する子供のイメージがわかないだけで、そういう可能性もある。。。のかな。

ティアバランスなどのヒアルロン酸点眼液の中にも「クロルヘキシジングルコン酸塩」が添加物として入っている製品もあるが、今回の改訂指示された製剤には含まれていない。

デスパコーワの成分は、

1g中 クロルヘキシジン塩酸塩3mg、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩1mg、ヒドロコルチゾン酢酸エステル5mg、濃ベンザルコニウム塩化物液50 0.4mg

いろいろ入っています。
販売中止になる「ケナログ口腔用軟膏」の成分はトリアムシノロンアセトニド。
「アフタゾロン口腔用軟膏」の成分はデキサメタゾン、とシンプルにステロイドのみ。

デスパコーワの薬効に、クロルヘキシジンがどれくらい寄与しているかわかりませんが、個人的には、「無くしてもよくね?」と思います。

OTC版DSUでも注意喚起されており、OTCのほうが様々な製品に配合されているので注意が必要だ。
クロルヘキシジングルコン酸塩又はクロルヘキシジン塩酸塩含有製剤(新指定医薬部外品を含む)

スポンサーリンク

コメント

  1. ピーナッツアレルギーの患者がピーナッツを食べた恋人とキスをしただけでショック死した話もあるので、アナフィラキシーに量は関係ない。

    これについて調べなおしたところ、
    しかしこの事件を取り扱った地元検視官が最近になって報告書を発表。死因は当初のアレルギーによるショック死ではなく、何らかの原因で彼女が酸欠状態になったためだと、新しい見解を述べているそうです。その理由として、ボーイフレンドがピーナツ入りの食品を食べた後がキスの数時間も前だったこと、そして少女の運び込まれた病院での治療記録の不足などを挙げています。これらを考え合わせると、アレルギー反応が死因であると考えにくいそうで、他の何かの原因が「脳酸欠状態」を引き起こし、それが直接彼女の命を奪ったのだろうと新たな報告書では説明されているとか。

    量が関係なくても、この文脈に使うのはおすすめしません。

    ななし:2017/11/17

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク