2018年9月18日更新.3,327記事.5,530,374文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

レミカットのテープ剤?

スポンサーリンク


アレサガテープ

アレサガテープ」というレミカット/ダレンと同じ成分(エメダスチンフマル酸塩)の薬が承認された。

▽アレサガテープ4mg、同8mg(エメダスチンフマル酸塩、久光製薬):「アレルギー性鼻炎」を効能・効果とする新投与経路医薬品。再審査期間は6年。

ヒスタミンH1受容体拮抗薬。有効成分のエメダスチンは既に他社から1日2回の経口薬として発売されている。アレサガは1日1回貼付のテープ剤となる。海外では、開発されていない。薬食審・第二部会 新薬4製品を審議、承認了承 中外の抗PD-L1抗体、サノフィのアトピー適応の抗体医薬など

貼付剤のメリットとして、効果が持続するという点がある。

しかし、花粉症の貼り薬ってどの程度需要があるのか不明。
おそらく、飲み薬のほうが効きそうなイメージがあるし、持続性より速効性を期待する人も多いだろう。
そんなわけで、アレグラ錠とアレサガテープの併用、みたいな処方が出たりすると予測。保険請求上アウトになりそうな気もするが、現状でもアレグラとザイザルの併用処方とかあるし、医師の裁量で押し通される。

久光製薬はOTCのアレグラ販売してるから、アレグラテープとか出したほうが知名度的によさそうな気もするが、経皮吸収が悪いのだろう。
経皮吸収の良い薬というのは脂溶性が高い薬で、脳内移行率も高い、眠くなりやすい薬。

アレサガテープも内服薬同様、眠気の副作用はあり、「使用上の注意」にも、

眠気を催すことがあるので、本剤使用中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。更に、日常生活に支障がみられる場合があるので、本剤使用に際してはこのことを患者に十分説明しておくこと。

当然、運転禁止の注意事項が記載されている。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料