2019年3月19日更新.3,395記事.5,972,840文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

シダキュアとシダトレンの違いは?

スポンサーリンク


シダキュアスギ花粉舌下錠

アレルギー専門医でもいる医療機関の門前でなければ処方をみる機会は無いと思いますが、外来で行うスギ花粉症の減感作療法薬としてシダトレンスギ花粉舌下液という薬があります。

そして、今度さらに新しい薬、「シダキュアスギ花粉舌下錠」という薬が薬価収載されるようだ。
どちらも鳥居薬品の薬なので、シダトレンの改良版がシダキュアということなのだろう。

何が違うのだろう。

まず目につくのは剤形の違い。
シダトレンは舌下液でしたが、シダキュアは舌下錠。

服薬のしやすさからすれば、舌下錠のほうが良いだろう。

医薬品名シダトレンシダキュア
発売時期2014年10月2018年6月
適用年齢12歳以上制限なし(ただし5歳未満に対する安全性は確立していない)
剤形液剤錠剤
保管温度冷所(2~8℃)室温
用法・用量1日1回、舌下に滴下。投与1週目は200JAU/mLボトルから、2週目は2000JAU/mLボトルからの滴下量を1~2日ごとに漸増する(増量期)。3週目以降(維持期)は2000JAU/mLパック1本を全量1日1回、1錠を舌下に投与。投与1週目は2000JAUの舌下錠を、2週目以降は5000JAUの舌下錠を用いる
舌下での保持時間2分間1分間
舌下での保持後保持後は飲み込む。その後5分間は、うがい・飲食を控える保持後は飲み込む。その後5分間は、うがい・飲食を控える
薬価(2018年12月末時点)200JAU/mLボトル:547.4円/瓶
2000JAU/mLボトル:1308.6円/瓶
2000JAU/mLボトル:131円/包
2000JAU錠:57.7円/錠
5000JAU錠:144.1円/錠

小児とシダキュア

そして一番大きな違いとして、シダキュアは小児に投与可能という点である。
使用上の注意の「小児等への投与」でシダキュアは、

1. 低出生体重児、新生児、乳児又は5歳未満の幼児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない)
2. 小児等に対しては、本剤を適切に舌下投与できると判断された場合にのみ投与すること。また、保護者等に対しても本剤の適切な投与方法を指導すること。

と書かれている。5歳以上に投与可能ということだ。

一方、シダトレンには、

12歳未満の小児等に対する安全性は確立していない。(使用経験がない)

と書かれており、12歳未満の小児に投与不可。

シダキュアの用法

シダキュアの用法は、

通常、投与開始後1週間は、シダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAUを1日1回1錠、投与2週目以降は、シダキュアスギ花粉舌下錠5,000JAUを1日1回1錠、舌下にて1分間保持した後、飲み込む。その後5分間は、うがいや飲食を控える。

舌下で1分間保持はしんどい。

シダトレンの用法は、

1. 増量期(1~2週目)
通常、成人及び12歳以上の小児には、増量期として投与開始後2週間、以下の用量を1日1回、舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込む。 その後5分間は、うがい・飲食を控える。
以下略

2分間保持。さらにしんどい。
しかも液体だし。

シダキュアの維持料は「5,000JAU」。
シダトレンの維持料は「2,000JAU」と、シダキュアのほうが高力価であるにも関わらず、低年齢に使えるというのは、製剤的な飲みやすさやシダトレンの症例の蓄積により安全性が確認されたことによるものだろうか。

減感作療法

・アレルギー患者に対して、アレルゲンを繰り返し投与することにより体を慣らし、根本的な体質改善を目指す治療法を、特異的免疫療法(減感作療法)という。
・対象のアレルゲンエキス(製剤)の投与を低濃度・少量から開始し、少しずつ増量して過敏性を減少させるため、効果が出るまでに数か月はかかり、3年以上は治療を続けることが望ましいといわれている。
・アレルギー反応に基づいた副作用(特にアナフィラキシーショック)の発現に注意する必要がある。

食物アレルギーは食べて治す?

食物アレルギーの治療に経口免疫療法という治療法が行われることがある。

食物は異物?

自己以外の物質(抗原)が体内に侵入してくると、それはすべて異物として認識されるため、免疫応答が起こる。

私たちが毎日口にしている飲食物も生体にとっては異物であるため、この考えからすると、飲食物すべてに対して免疫応答が起こるはずだが、起こらない。
なぜだろう?
これは、消化管から吸収される飲食物は「免疫寛容」と呼ばれるシステムによって、それが異物として認識されなくなっているためである。

寛容という言葉は、自己以外の異物に対してはそれを排除する反応を起こすが、自己の成分に対しては反応を起こさないという「自己寛容」から来たものであるが、寛容がどのようなメカニズムで起こっているかは、いまだに分かっていない。
免疫寛容によって、本来は異物とは認識されないはずの飲食物を異物をみなして攻撃するために起こるのが食物アレルギーである。
つまり、食物アレルギーのある人は、免疫システムが正常に働いていないと言える。

この免疫システムは胎児期では未成熟なために、抗原に曝露しても抗原特異的な免役応答や抗体産生が起こりにくい。
また、成長するに従って免疫能も徐々に発達するため、この寛容を示す物質は年齢によって変化する。
年齢によって原因となる食物アレルゲンが変化するのは、このためである。
これと同じ現象は食物アレルギーだけでなく、アレルギー性疾患全体を通しても認められる。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎

小児の場合は食物アレルギーがアトピー性皮膚炎に直結するといわれてましたが、乳児期には一時的にあるにしても、腸管がしっかりしてくればアレルゲンの吸収が起きなくなります。
食物アレルギーでアトピー性皮膚炎をすべて説明することはできない。

食物アレルギー

食物アレルギーは、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)と定義されている。

食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもある(そばが有名)。

乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と牛乳がその半数以上を占める。

青年期になるにつれて甲殻類が原因の事例が増え、牛乳が減る。成人期以降では、甲殻類、小麦、果物、魚介類といったものが主要なアレルギーの原因食品となる。

アトピー性皮膚炎

・アトピー性皮膚炎とは、湿疹(皮膚の炎症)を伴うもののうち、アレルギー反応と関連があるもの。
・先天性の過敏症の一種。
・アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定、 topos=場所)から由来。
・医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

スポンサーリンク

特異的中和剤が発売済みの経口抗凝固剤は?

IMG_0670
薬剤師

次の経口抗凝固剤のうち、特異的中和剤(添付文書上で適応症があるもの)が発売されているものを2つ選べ。
a. ダビガトラン(プラザキサ®)
b. リバーロキサバン(イグザレルト®)
c. アピキサバン(エリキュース®)
d. エドキサバン(リクシアナ®)
e. ワルファリン(ワーファリン®等)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  8. 湿疹と発疹の違いは?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク