更新日:2017年10月25日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

メチコバール細粒の単位は「包」?


スポンサーリンク

粉薬の単位はグラム?

錠剤の単位は「錠」、カプセルの単位は「カプセル」、
液剤の単位は「mL」、散剤の単位は「g(グラム)」というのが通常。

目薬の単位だと「mL」だったり「瓶」だったりすることもありますね。
散剤の場合も、「g」以外に「包」という単位のものもあるので気を付ける。

最近、メチコバール細粒の処方を初めて見たのですが、単位が「包」となっていた。
事務の登録間違いかな、と一瞬思ったのですが、薬価本にも「包」で載っていた。

メチコバール細粒の添付文書には、
「細粒は分包から取り出して調剤しないこと(光により含量が低下する)。」
と書かれており、分包品をバラして調剤することは不可のようだ。
メチコバール細粒の分包品1包あたり500μg含まれているが、1回あたり250μgを飲ませたいと思ったとしても、計量調剤することはできず、250μg錠を処方するしか無いということだ。

他にも散剤で「包」が単位の薬はあるのか調べてみたら、
そういえば、キプレス/シングレア細粒も単位が「包」でした。

他には、ソリタ-T配合顆粒、ユーエフティE配合顆粒も「包」、
リーバクト配合顆粒も「包」ですが、アミノレバンEN配合散は「g」、ヘパンED配合内用剤も「g」。

塗り薬ではベセルナクリームの単位が「包」。

それほど多くないので覚えておこう。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク