更新日:2017年8月3日.全記事数:3,131件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

難病は重症じゃなければ助成を受けられない?


スポンサードリンク

難病の医療費助成制度

とっても苦手な保険関係の話。

難病に関する情報は、「難病情報センター」へどうぞ。

平成29年12月31日で経過措置が終了するそうです。

経過措置期間終了のお知らせ(厚生労働省 健康局難病対策課)

認定要件の部分が今まで、
・「診断基準」を満たすこと
となっていましたが、平成30年の1月からは、
・「診断基準」および「重症度分類」を満たすこと
となり、ある程度重症の難病患者しか助成を受けられなくなるようだ。

ただし、
*「重症度分類」を満たさない場合でも、 軽症高額の要件を満たす方は認定対象となります。
という裏技もあります。

軽症高額

軽症高額とは、「特定医療費の支給認定の要件である重症度分類等を満たさないものの、月ごとの医療費総額が33,330円を超える月が 年間3月以上ある患者については、支給認定を行う。 」というもの。

患者さんで、毎月受診していた人が、この軽症高額に該当させるため3か月の長期処方に変更となった人がいた。
コレっておかしくない?
1回あたりの医療費は高額になりますが、長期処方されるってことは、それだけ安定していると考えられる。

重症度分類

具体的に、重症度分類を満たすとはどの程度のものか、「潰瘍性大腸炎」をみてみると、

97 潰瘍性大腸炎

<重症度分類>
中等症以上を対象とする。
潰瘍性大腸炎の臨床的重症度による分類

 重症中等症軽症
①排便回数6回以上重症と軽症の中間4回以下
②顕血便(+++)(+)~(-)
③発熱37.5℃以上37.5℃以上の発熱がない
④頻脈90/分以上90/分以上の頻脈なし
⑤貧血Hb10g/dL 以下Hb10g/dL 以下の貧血なし
⑥赤沈30mm/h 以上正常

顕血便の判定
(-)血便なし
(+)排便の半数以下でわずかに血液が付着
(++)ほとんどの排便時に明らかな血液の混入
(+++)大部分が血液

重症度
軽 症: 上記の6項目を全て満たすもの
中等症: 上記の軽症、重症の中間にあたるもの
重 症: ①及び②の他に、全身症状である③又は④のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目を満たすもの
劇 症: 重症の中でも特に症状が激しく重篤なものをいう。発症の経過により急性電撃型と再燃劇症型に分けられる。
劇症の診断基準は
(1)重症基準を満たしている。
(2)15 回/日以上の血性下痢が続いている。
(3)38.5℃以上の持続する高熱である。 (4)10,000/mm3以上の白血球増多がある。
(5)強い腹痛がある。

重症度分類の中等症以上が対象となる。

薬を使って寛解していれば、軽症に該当している人は多いだろう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク