更新日:2017年7月5日.全記事数:3,130件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

パルモディアとベザトールの違いは?


スポンサードリンク

ペマフィブラート

久々に脂質異常症治療薬で、フィブラート系の新薬が出るそうです。
その名はパルモディア錠(ペマフィブラート)です。PPARαモジュレーターをもじったネーミングです。

フィブラート系の薬には、ベザトールSR(ベザフィブラート)とリピディル/トライコア(フェノフィブラート)等があります。
他にもすっかり忘れ去っていましたが、クリノフィブラート(リポクリン)、クロフィブラートといった薬もあります。
これらの薬と比べて、何かいいところはあるのでしょうか。

スタチン製剤との併用試験で、臨床上問題となる薬剤血中濃度の変化はなく、単独投与と同様に有効性や安全性が確認されたというが、添付文書上スタチンとの原則併用禁忌は、ベザトール、リピディル同様に書かれています。

パルモディアはただのPPARαモジュレーターではなく、高活性かつ高選択なPPARαモジュレーター(Selective Peroxisome Proliferator-Activated Receptor Modulatorα: SPPARMα, スパームアルファ)とのこと。
遺伝子発現を制御する核内受容体であるPPARαを高い選択性をもって活性化することで、血中の中性脂肪(トリグリセライド:TG)低下作用とHDL-コレステロール増加作用等、さまざまな遺伝子調節作用を有することが示されている。

用法は、

通常、成人にはペマフィブラートとして1回0.1mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが、最大用量は1回0.2mgを1日2回までとする。

1日2回なので、ベザトールと同じ。1日1回のリピディルに比べると面倒。

画期的な新薬とは言い難いが、既存のフィブラート系でなかなか中性脂肪が下がらないという人には使ってみる価値はありそう。

スポンサードリンク

コメント

  1. へぇー!面白い記事ありがとうございます!
    ちなみに安全性の面で違いはどうなんですか?

    ヤンヤン:2017/7/12

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク