2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ドラールを飲むと1日中眠っているのか?

スポンサーリンク


長時間作用型睡眠薬

睡眠薬は、作用時間によって大きく4つに分類されている。
超短時間型・・・半減期が2~4時間
短時間型 ・・・半減期が6~10時間
中時間型 ・・・半減期が12~24時間
長時間型 ・・・半減期が24時間以上

作用型(半減期)薬品名半減期
超短時間作用型(2~4時間)マイスリー1.78~2.30時間
超短時間作用型(2~4時間)ハルシオン2.9時間
超短時間作用型(2~4時間)アモバン3.66~3.94時間
超短時間作用型(2~4時間)ルネスタ4.83~5.16時間
短時間作用型(6~10時間)デパス約6時間
短時間作用型(6~10時間)リスミー7.9~13.1時間
短時間作用型(6~10時間)レンドルミン約7時間
短時間作用型(6~10時間)ロラメット/エバミール約10時間
中時間作用型(12~24時間)ベルソムラ10時間
中時間作用型(12~24時間)ユーロジン約24時間
中時間作用型(12~24時間)サイレース/ロヒプノール約7時間
中時間作用型(12~24時間)ネルボン/ベンザリン27.1±6.1時間
長時間作用型(24時間以上)ドラール36.60±7.26時間
長時間作用型(24時間以上)ダルメート/ベノジール14.5~42.0時間

超短時間型や短時間型は入眠障害、寝つきの悪い人に処方される。
中時間型は中途覚醒、途中で起きてしまうような人に。
長時間作用型は熟眠障害、早朝覚醒など、眠りの浅い人に、主に処方される。

薬には、血中濃度が半分になる「半減期」というパラメータがある。
半減期が2.9時間のハルシオンは、飲んでから3時間も経てば血中濃度が半分になるので、その倍の時間=6時間も経てば体内から消失する。
しかし、半減期が12時間を超える睡眠薬の場合、体内からの消失が追い付かないので、常に体内に残るような状態になる。
この状態が定常状態です。

じゃあ、ドラールのような長時間作用型の睡眠薬を飲むと24時間眠いという状態が続くのか?
というと、そうではない。

簡単に言えば、睡眠薬にはそれほどの力が無いという理由。
麻酔薬のような覚醒にも影響を及ぼす麻酔作用はありません。
人が眠るためのシステムには、「睡眠」と「覚醒」という2つのシステムがあり、睡眠薬は睡眠を補助しますが、覚醒に関するシステムには影響を及ぼさないという、わかるようでわからない説明。

じゃあベルソムラはどうなんだ?
覚醒に関するホルモン、オレキシンの拮抗薬で、覚醒のレベルを落とすよ。

まあいずれにせよ、睡眠薬飲んでも眠れないっていう人のほうが多いから、「1日中眠い」なんて心配はしなくてもいいのかな。

早朝覚醒型なら長時間作用型の睡眠薬がいい?

不眠症は、症状によって入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の3タイプに分けられます。
朝早く目覚める早朝覚醒では、半減期の長い中間作用型や長時間作用型の睡眠薬を使うのが原則です。

ただし、あくまで原則。
実際の現場では、筋弛緩作用が強かったり翌日に残る長時間作用型の睡眠薬は、転倒が怖いために高齢者には投与しにくいです。

そのため、アモバンやマイスリーなど筋弛緩作用が弱く、作用時間が短い薬を処方して様子を見る場合もあります。

また、長時間作用型はすぐには効果が出にくいので、早朝覚醒でも、最初効果が出やすい短時間作用型を処方し、徐々に処方を切り替えていく場合もあります。

入眠障害

なかなか寝つけない。
眠るまでに30分以上かかってしまい、本人が苦痛に感じているのであれば入眠障害。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚める。
再び眠るまでに時間がかかる「再入眠困難」を伴う。

熟眠障害

ぐっすり眠った気がしない。

早朝覚醒

朝早く目が覚めてしまう。

スポンサーリンク

ロコアテープとモーラステープの使用法で誤りは?

IMG_0670
薬剤師

ロコアテープ®とモーラステープ®の使用法について誤った組合せはどれか。
1. NSAIDs服用患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)1日2枚を患部に貼付
2. NSAIDs服用患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)1日2枚を患部に貼付
3. 抗菌薬のノルフロキサシン(バクシダール®)服用患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)を処方
4. 抗菌薬のノルフロキサシン(バクシダール®)服用患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)を処方
5. 光線過敏症の患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)を処方
6. 光線過敏症の患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)を処方

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索