2019年3月23日更新.3,398記事.5,979,548文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

熱さましは1日何回使っていい?

スポンサーリンク


解熱剤の投与間隔は?

小児に使う解熱剤の坐薬で最もメジャーなアンヒバの添付文書には「投与間隔は4~6時間以上」と書いています。

4時間間隔で使うとすると、1日5回は使えます。

添付文書には「1日総量として60mg/kgを限度とする」となっているので、1日5回使うことも可能ですね。

しかし、熱を下げすぎると風邪の治りが遅くなるので、多くても食事の回数くらいでしょう。

アルピニー坐剤は1日1回?

アンヒバ、アルピニーなどのアセトアミノフェン坐剤。

現在、添付文書上の用法用量は、
「通常、乳児、幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを直腸内に挿入する。投与間隔は4~6時間以上とし、1日総量として60mg/kgを限度とする。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、成人の用量を超えない。」
となっています。

しかし以前は、「通常1日1回」とされていました。
実際は1日2回、3回と使ってましたが。

OTCにもアルピニーA坐剤というアセトアミノフェンの坐薬が売っていますが、こちらの用法は、以前のまま。

次の1回量を1日1回,肛門内に挿入します。
[年齢:1回量]
6才~12才:1~2個
3才~5才:1個
1才~2才:1/2~1個
1才未満:使用しないこと

となっている。

4~6時間あけて使って良いです、と言ってはいけないのかな。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事

MDRP感染患者にAgsを使用 正しい採血指示は?

IMG_0670
薬剤師

多剤耐性緑膿菌(Multiple drug resistant Pseudomonas aeruginosa;MDRP)の感染患者に対してアミノ配糖体系抗菌薬(AGs)を使用したい。有効性確保と副作用防止のため血中濃度モニタリングを行う際の採血指示で正しいのは以下のうちどれか?
A. 投与直前(トラフ値)
B. 投与終了直後(ピーク値)
C. 投与開始1時間後(ピーク値)
D. 投与直前と投与終了直後
E. 投与直前と投与開始1時間後

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

最新の記事


人気の記事