更新日:2017年3月11日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リクシアナ錠60mgの半錠を30mg錠に変えちゃダメ?


スポンサードリンク

リクシアナ60mg半錠の指示

薬剤師の皆さん、今日も錠剤割りましたか?

ワーファリン錠の半錠はよくありますね。
プレドニン錠の半錠はちっちゃくて割りにくい。
メルカゾール錠の半錠は粉々に砕ける。

基本的に、半錠に割るという行為は、調剤者のテクニックにも左右されるが、バラつきが生じる恐れもあり、可能であれば散剤などの代替薬を提案したい。半錠を作るという調剤行為は面倒でもあるし、分包機が一包化などで使用されている場合には、患者さんを待たせることにもなるので避けたいし。
例えば、「レンドルミン錠0.25mg 0.5錠」という指示があれば、何も悩まず、半錠に割って調剤する。代替薬が無いから。(ジェネリックにはブロチゾラム錠0.125mg「NP」というのもあるようだが、そこはとりあえず考えない)

「オルメテック錠10mg 0.5錠」
「ユリノーム錠50mg 0.5錠」
といった処方であれば、それぞれオルメテック錠5mgとユリノーム錠25mgという規格があるので、疑義照会してそれらの薬を提案することを考える。

しかし、成分にばらつきが生じる恐れ、調剤時間の短縮、といったことのほかに、もう一つ考えなければならないことがある。
薬価です。
リクシアナ錠60mg 0.5錠
この処方を安易に、30mg1錠に変えようものなら患者からクレームがくる恐れがある。

なぜならリクシアナ錠30mg1錠の薬価は538.4円、リクシアナ錠60mg0.5錠の薬価は272.8円と約半額だからである。
30日分で考えると16152円と8184円。約8000円の違い。3割負担なら2400円くらいの違いになる。大きい。

オルメテックとユリノームの場合は、
オルメテック錠5mg1錠の薬価は31.5円、オルメテック錠10mg0.5錠の薬価は29.65円、
ユリノーム錠25mg1錠の薬価は14円、ユリノーム錠50mg0.5錠の薬価は12.8円、とリクシアナほどの薬価差は無いため大きな問題にはならない。

私の知る限りではリクシアナ錠のケースしか知らないが、このような薬価の設定は止めてもらいたいものです。

スポンサードリンク

コメント

  1. 僕はサムスカで似たようなケースを見たことがあります。15mg0.5錠と7.5mg1錠はかなり値段差があってビックリしました…

    名無し:2017/3/12

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク