更新日:2017年8月24日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

オテズラ開始時はスタートパック使わないとダメ?


スポンサーリンク

オテズラ錠スターターパック

スターターパックといえば、ラミクタールやチャンピックスを思い出す。

ラミクタールの場合は、スタートパックを使わなくてもラミクタール錠25mgの140錠包装があるので、あえてスタートパックを用意することもない。
チャンピックスも、0.5mg錠、1mg錠の包装がそれぞれあるが、スタート時に使う0.5mgの錠数が11錠でよいので、スタート用パックは必要だった。

このたび販売される乾癬治療薬のオテズラ錠にもスターターパックがあるようだ。

オテズラ錠の開始用量は以下のようになっている。

で、オテズラ錠の包装は以下のようになっている。
・オテズラ錠スターターパック:27錠((10mg×4錠、20mg×4錠、30mg×19錠)×1パック)
・オテズラ錠30mg:56錠(14錠(PTP)×4シート)

つまり、オテズラ錠を開始する際には、必ずスターターパックを使わなければならない。

そして、スターターパックに30mg錠が19錠入っているということは、14日分ちょうどがスターターパックになっているというわけだ。

初回投与時に1週間分だけ、というチョイスはなしになる。必ず14日分。
いきなり30mgで投与するのもなし。

投与開始時に漸増投与を行わなかった場合、悪心、下痢、嘔吐等の発現率が高いことが示されているため、「用法・用量」を遵守すること。

オテズラ再開時にはスタートパックを使わなくて良い?

オテズラの用法用量は、10mgから初めて30mgまで増やすという漸増療法となっている。
副作用発現のリスクを考慮し、少ない用量からの投与となっている。

しかし、症状が安定し、オテズラ錠を休薬したあと、また再開するとなった場合、スタートパックを使わなくても良いという話を卸から聞いた。
副作用が心配な患者さんに対してはもちろんスタートパックを用いてもいいが、30mgからの投与で問題ないという話。
薬剤師的には、あの面倒な入力を避けたいところなので、30mgからの処方のほうが良いということは言うまでもない。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク