更新日:2017年2月25日.全記事数:3,104件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

子供の睡眠不足の原因はアデノイド?


スポンサードリンク

小児の睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群というと、太り気味の中年男性をイメージしますが、小児でも睡眠時無呼吸の患者がいる。

いびきをかく子供、日中によく居眠りをする子供は気を付けたほうがいいかも知れません。

睡眠と成長

小児期は心身の成長・発達が最も活発な時期のため、睡眠が果たす役割もとても大切です。

この時期発症する睡眠時無呼吸症候群は、後々小児の人格形成や健康状態に大きく影響を及ぼします。

睡眠時無呼吸とアデノイド

小児の睡眠呼吸障害、いびきをおこす代表的な疾患としてアデノイド・口蓋扁桃肥大があります。

咽頭扁桃は3~6歳、口蓋扁桃は5~7歳で最大となり学童期後半に次第に退縮します。

小児の睡眠時無呼吸症候群の症状

・よく気管支炎を起こす
・よく口を開けている
・寝ている間の異常ないびき
・寝ている間の異常な体動
・発育・学力の遅れ
・注意力散漫で落着きがなく、無気力
・夜尿を繰り返す
・疲れやすく、すぐにイライラして不機嫌になる
・寝起きが悪い
・昼間すぐ寝てしまう
・よく中耳炎になる

小児の睡眠時無呼吸症候群の治療

一般的な治療法は、扁桃腺の摘出やアデノイドの切除。
子供の体にメスを入れるのは親としては嫌ですね。
本人もかなり嫌がるかと思います。

全身麻酔で、10日位入院。
患者さんからアデノイドを切ったほうがいいかどうか相談されたこともありますが、判断は難しいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク