2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

BZDと化学構造が異なるが、BZD受容体に作用する。

筋弛緩作用と関連するω2受容体には作用せず、ω1受容体に選択的に作用するゾルピデムは、筋弛緩作用が弱く徐波睡眠を増し、高齢者に作用しやすい。

ゾピクロンは徐波睡眠を回復するが、口中に苦味が出現することがある。

・BZ系薬と化学構造は異なるが、BZ受容体に作用する。
・ω1受容体への選択性および親和性が高いため、脱力や転倒などの副作用が少ない。