2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
選択的ムスカリン受容体拮抗薬

ピレンゼピン(ガストロゼピン)など。
M1受容体に特異的で、M2受容体には作用が少ないため前立腺肥大症、緑内障、心疾患にも使用できるが、口渇の出現を有する。
酸分泌抑制作用があり、ガストリン抑制効果も有し、粘膜増強作用と合わせて優れた抗潰瘍効果をもつ。
酸分泌抑制力はやや弱い。
潰瘍治療に単独で用いられることは少ない。

胃壁細胞、ECL細胞(ヒスタミン分泌細胞)のムスカリン(M)受容体とアセチルコリンの結合を阻害し、胃酸分泌を抑制する。
ピレンゼピンはM1受容体特異的であるため、前立腺肥大症や緑内障、心疾患を有する症例にも使用可能である。