2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
胆汁酸

胆汁酸は、肝臓でコレステロールから合成される物質です。
肝臓で合成された後、短銃の主成分として胆のうに蓄えられ、食事に伴って胆のうから胆管を経て十二指腸へ分泌され、食物脂肪の消化、吸収に関与します。

分泌された胆汁酸は腸肝循環により小腸で約95%が再吸収され、門脈を経由して肝臓に戻り再び胆汁中に分泌されます。
一方、再吸収されなかった胆汁酸は大腸へ到達します。
大腸管腔内で胆汁酸が増加すると、胆汁酸の働きによって大腸管腔内へ水分が分泌され、また消化管運動が促進することが知られています。