2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
硝酸薬

硝酸薬は冠動脈および静脈の拡張効果があり、心負荷を軽減することで狭心症の症状や発作を抑える。
血管平滑筋細胞で一酸化窒素(NO)を発生し、細胞内の環状グアノシンーリン酸(cGMP)濃度を高めることで血管平滑筋を弛緩させる。
またCa拮抗薬は冠動脈拡張作用により狭心症の発作を予防する。
β遮断薬は血圧および心拍数を抑え、心負荷を低減させる目的で用いられる。