2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
大腸刺激性下剤

センノサイド、アローゼン、ラキソベロン液、テレミンソフト坐剤など。
腸を刺激して腸の働きを活発にし排便を促します。効果は一番強いですが、習慣性があり連用により効かなくなって量が多くなる可能性があります。服用によりおなかが痛くなることも多い下剤です。習慣性、連用性から長期間大量に服用し続けないよう注意が必要です。