2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
塩類下剤

習慣性が少なく長期間の投与も可能である。
非吸収性塩類下剤は腸管内に水分を移行させ腸管内容を軟化増大させ、その刺激により便通促進効果を現す。
大量の水分とともに服用するとより効果的である。
腎障害患者ではマグネシウムなど電解質の吸収に留意する。
塩類下剤は難吸収性の無機塩で、浸透圧により腸内に大量の水分を保持し、腸内容量を増大させる。
難吸収性糖質の糖類下剤とともに、浸透圧性下剤の代表といえる。
・習慣性が少なく、作用が穏やかで常習性弛緩性便秘でも痙攣性便秘でも第一選択となる。多量の水分とともに服用する。
・難吸収性とはいえ塩類であるので、心・腎疾患例には原則禁忌。Mgを含むものは高マグネシウム血症に注意。
腸管吸収されにくいマグネシウムやナトリウムなどの塩類を服用すると、腸管内と体液とが等張になるよう水分が腸管内に移行するので、蠕動運動が亢進する。