2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
ケミカルメディエーター遊離抑制薬

・ヒスタミンやロイコトリエンなどの遊離を抑制する。

この薬は肥満細胞からアレルギー反応に関与する物質(ケミカルメディエーター:ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグランジン等)の遊離を抑制して、アレルギー症状(鼻水・くしゃみ、湿疹、かゆみなどの諸症状)を抑えたり、気道の炎症を抑え、気管支喘息の発作や症状を起こりにくくする薬です。

ケミカルメディエータ遊離阻害薬は、肥満細胞からヒスタミン、LTB4、LTC4、LTD4、PGD2、TXB2、PAFなどのアレルギー物質が遊離するのを抑制する薬です。 ただ、抗アレルギー薬と違ってヒスタミン受容体に拮抗する抗ヒスタミン作用はありません。

第2世代の抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬とも呼ばれ、ヒスタミンをブロックする作用に加えて、ケミカルメディエータ遊離阻害作用も持ちます。