2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
マイスリー

筋弛緩作用と関連するω2受容体には作用せず、ω1受容体に選択的に作用するゾルピデムは、筋弛緩作用が弱く徐波睡眠を増し、高齢者に使いやすい。

ゾルピデムは非ベンゾジアゼピン構造を有し、ω1受容体に選択的に作用する速効性の短時間型睡眠薬である。

薬理学的及び臨床薬理学的には選択的な催眠鎮静作用を有し、しかも生理学的睡眠パターンに近い睡眠をもたらすため、入眠障害、熟眠障害のみならず、作用持続時間が短いにもかかわらず途中覚醒、早朝覚醒にも効果を示し、翌朝までの持ち越し効果が少ない。

また、反復投与しても耐薬性、依存性が形成されにくく、増量なしで長期間安定した作用を示す。

マイスリーは抗不安作用や筋弛緩作用に関与したベンゾジアゼピン受容体(ω2)にはほとんど作用せず、催眠作用に関係したベンゾジアゼピン受容体(ω1)と結びついて、脳内の神経に抑制的に働く物質(GABA:ガンマーアミノ酪酸)の作用を増強し、興奮を抑えることで、寝つきをよくし、夜間の睡眠を持続させる薬です。