2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
ドボベット軟膏

ドボベット軟膏は、活性型VD3誘導体であるカルシポトリオール水和物と副腎皮質ホルモンであるベタメタゾンジプロピオン酸エステルが配合された、尋常性乾癬の外用剤である。
それぞれの配合成分は共に、「ドボネックス軟膏」、「リンデロンDP軟膏」として尋常性乾癬の第一選択薬として広く使用されている。
カルシポトリオールとベタメタゾンジプロピオン酸エステルの併用では、それぞれの単剤塗布に比べて高い有効性を示し有害事象は少ないという結果が出ている。

また配合剤にして簡便な使用法にすることにより、併用による有効性・安全性の向上、塗布時間や回数を減らし、外用療法のストレス軽減とコンプライアンスの向上が図られた。

特徴としては安定pH域が異なる2剤を、化学的安定性を維持して配合した外用剤であるということである。
特にカルシポトリオールは酸性側で不安定であり、酸性の物質と配合すると分解する恐れがある。
そのため「他の薬剤との混合により失活の恐れがあるため混合してはならない」とドボネックス軟膏のインタビューフォームに記載されている。
しかしステロイド外用剤のほとんどはpHが酸性寄りであり、この2つを混合するとカルシポトリオールの含量が低下してしまう恐れがある。この問題を解決し配合剤にすることで使用法が簡便になった。