2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
サリチル酸系NSAIDs

安価である。

少量で抗血小板作用を有する。

抗リウマチ作用は大量投与(3g以上)しないと得られない。

大量投与により、消化管出血、耳鳴り、めまい、難聴などを起こすことがある。

喘息発作が悪化することがある(アスピリン喘息)。

小児における連用はLyell症候群を起こす可能性があり、注意を要する。