2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
コリンエステラーゼ阻害薬

コリンエステラーゼ(ChE)阻害薬は、アセチルコリン(ACh)を分解する酵素を阻害することで脳内のACh濃度を上昇させると考えられています。脳内の神経伝達が活性化するため、抑うつなどの周辺症状にも有効とされています。
この薬は記憶に関連して、脳内神経に刺激を伝達する物質(アセチルコリン)を分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ、ブチリルコリンエステラーゼ)の働きを抑え、アセチルコリンを増やして神経の刺激の伝達をよくし、脳内の神経細胞のニコチン性アセチルコリン受容体に結合して受容体の働きをよくし、物忘れ・自分のいる場所や時間がわからなくなる(見当識障害)・反抗的・ウロウロ歩き回る(徘徊)などのアルツハイマー型認知症症状の軽減や進行を遅らせる薬です。