2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
グーフィス

2018年4月に発売されたエロビキシバットは胆汁酸トランスポーター阻害というまったく新しい作用機序を持つ慢性便秘症治療薬です。
回腸末端部の胆汁酸トランスポーターによる胆汁酸の再吸収を阻害することにより、大腸に流入する胆汁酸の量を増加させ、大腸内の水分分泌を促すとともに大腸の運動を促進させ、自発排便回数を増加させます。

グーフィスは回腸末端の胆汁酸トランスポーターへ直接作用し、体内への吸収はわずかです。

グーフィスは長期投与試験において(52週間)、良好な排便状況が維持されました。
しかし、漫然と継続投与しないよう、定期的に投与継続の必要性を検討する必要があります。

グーフィスの初回自発排便発現までの時間の中央値は5.2時間。
用法は「1日1回食前」であるが、夕食前に飲んだ場合、夜間に排便したくなる可能性もあるので、飲み始めは朝食前のほうがいい。