2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
インチュニブ

インチュニブ(グアンファシン)は、アドレナリンα2A受容体に対して選択的な作用を有する2、6-ジクロロフェニル酢酸誘導体である。
非中枢刺激薬であり、前シナプスからのドパミンとノルアドレナリンの遊離促進あるいは再取り込みを阻害する作用はない。
そのため、他のADHD治療薬と併用注意にはなっていない。

日本ではグアンファシンを有効成分とする薬剤として、「エスタリック錠」が1984年に本態性高血圧症治療薬として承認されたが、商業上の理由から2005年に販売が中止された。
そのため、同薬は当然ながら血圧降下など、循環器に与える作用が顕著であり、服用時には副作用に注意が必要である。