2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

この薬は血管を収縮させる物質(アンジオテンシンⅡ)が、血管の特定部位(AⅡ受容体)に結びつくのを防ぎ、血管収縮を抑えることによって末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(Angiotensin Ⅱ Receptor Blocker, ARB)は、アンジオテンシンⅡ(AⅡ)と拮抗し、AⅡがAⅡ受容体への結合を阻害することにより血圧の降下作用を示す薬物である。

カルシウム拮抗薬と同じく高血圧症の治療薬であるが、1970年代にARBの基本骨格を創製したのは、武田薬品工業である。
現在、日本国内で発売されているのは、ロサルタン(商品名:ニューロタン)、バルサルタン(商品名:ディオバン)、カンデサルタンシレキセチル(商品名:ブロプレス)、テルミサルタン(商品名:ミカルディス)、オルメサルタン メドキソミル(商品名:オルメテック)、イルベサルタン(商品名 アバプロ/イルベタン)、アジルサルタン(商品名:アジルバ)などがある。

ARBはアンジオテンシンⅡのAT1受容体を選択的に抑制します。キマーゼ系のアンジオテンシンⅡの産生も阻害します。
ARBには心・腎の保護作用があることがわかっています。
高血圧患者さんでは一次予防も大事ですが、とくに重視されているのが二次予防です。
心臓に関しては、一度心筋梗塞を起こした人の再梗塞を防ぐことや、心筋梗塞の人が心不全になるのを防ぐことが重要なポイントになります。
さらに、ARBは糖尿病の新規発症を抑制するとのデータも出ていますが、現時点ではそれが二次予防には結びつかないという報告が多く出されており、糖尿病に関しては二次予防までは欲張らないほうがよいと思われます。
腎臓は血液検査や尿検査など測定項目がたくさんあり、評価しやすいので、腎臓に対する効果は一番わかりやすいといえます。
経験的にも、腎障害の進展を遅くする効果は確実にあると思われます。ただ、腎障害がかなり進行してしまった患者さんに関してはなかなか難しいので、高血圧の初期から服用するとその後の進展が抑えられます。

投与対象としては、ACEと比べると、強力な降圧効果がないかわりに副作用も出にくいので、比較的高齢の方(70歳代前半ぐらいまで)で、臓器障害が少し進んだ患者さんにも使えます。
また、ACE阻害薬を使ってみて副作用などで忍容性がなく、継続して飲めない患者さんは、ARBに変更すると飲めるようになります。
ただ、副作用は少ないとはいえ、ふらつきや高カリウム血症が出現することがあるので、とくに腎機能障害がある人への投与には注意を要します。
他のRAS阻害薬と併用する場合は、腎機能障害の増悪、高カリウム血症などに注意が必要です。