2018年10月23日更新.3,351記事.5,706,842文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
アレルギー性鼻炎

ハウスダストやダニによる通年性アレルギー性鼻炎と、スギなどの花粉による季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)に分けられる。

・くしゃみ発作、水様性鼻漏、鼻閉を三主徴とする。
・アレルギー性鼻炎では、発作性反復性のくしゃみ、水様性鼻漏(さらさらした水のような鼻汁が出ること)、鼻閉(鼻づまり)が三主徴となっている。
・通年性アレルギー性鼻炎では気管支喘息、花粉症ではアレルギー性結膜炎を合併することが多い。

【アレルギー性鼻炎と花粉症】
・アレルギー性鼻炎は通年性と季節性の2つに分類できる。通年性のものはハウスダスト、季節性のもの(花粉症)は花粉がアレルゲンの中心となっている。
・通年性と季節性では好発年齢と合併しやすい疾患が異なる。
・本州以南ではスギ、ヒノキ花粉症(春)が最多で、次いでキク科花粉症(秋)が多いが、北海道ではスギ花粉が飛散しないためシラカバ花粉によるものが多い。

・アレルギー性鼻炎はⅠ型アレルギーのメカニズムによって発症する。